帰化申請 と芥川龍之介「秋」を読む

レンタルサーバー厨は今すぐネットをやめろ > 仕事 > 帰化申請 と芥川龍之介「秋」を読む

帰化申請 と芥川龍之介「秋」を読む

2012年7月16日(月曜日) テーマ:仕事
帰化申請の文章を、芥川龍之介の「秋」(著作権切れ小説)と交互に読み比べて見ましょう。
帰化っていうのは、どうやら法律用語でもあるみたいですけど、日本国籍を取得することを帰化といいますよね? 日本人はアメリカと違って移民の国ではないですけど、ああいう米国みたいな国では、日系アメリカ人とか、何系アメリカ人という言い方をしますよね。同じイミで、韓国系日本人とか、中国系日本人とは言いませんよね。でも、帰化した外国人は、日本人ではあっても確実に外国にルーツがあるわけで、そういうルーツは簡単にはわすれられないとおもうんです。
イズムを持つ必要があるかどうか。かう云ふ問題が出たのですが、実を云ふと、私《わたし》は生憎《あいにく》この問題に大分《だいぶ》関係のありさうな岩野泡鳴《いはのはうめい》氏の論文なるものを読んでゐません。だからそれに対する私の答も、幾分|新潮《しんてう》記者なり読者なりの考と、焦点が合はないだらうと思ひます。
 実を云ふとこの問題の性質が、私にはよくのみこめません。イズムと云ふ意味や必要と云ふ意味が、考へ次第でどうにでも曲《ま》げられさうです。又それを常識で一通りの解釈をしても、イズムを持つと云ふ事がどう云ふ事か、それもいろいろにこじつけられるでせう。
 それを差当《さしあた》り、我我が皆ロマンテイケルとかナトウラリストとかになる必要があるかと云ふ、通俗な意味に解釈すれば、勿論そんな必要はありません。と云ふよりも寧《むしろ》それは出来ない相談だと思ひます。元来さう云ふイズムなるものは、便宜上|後《のち》になつて批評家に案出されたものなんだから、自分の思想なり感情なりの傾向の全部が、それで蔽《おほは》れる訳《わけ》はないでせう。全部が蔽《おほは》れなければそれを肩書にする必要はありますまい。(尤《もつと》もそれが全部でなくとも或|著《いちじる》しい部分を表してゐる時、批評家にさう云ふイズムの貼札《はりふだ》をつけられたのを許容《きよよう》する場合はありませう。又許容しない事がよろしくない場合もありませう。これは何時《いつ》か生田長江《いくたちやうかう》氏が、論じた事があつたと思ひますが。)
 又そのイズムと云ふ意味をひつくり返して、自分の内部活動の全傾向を或イズムと名づけるなら、この問題は答を求める前に、消滅してしまひます。それからその場合のイズムに或名前をくつつけて、それを看板にする事も、勿論必要とは云はれますまい。
 又もう一つイズムと云ふ語を或思想上の主張と翻訳すれば、この場合もやはり前と同じ事が云はれませう。
 唯、必要と云ふ語に、幾分でも自他共|便宜《べんぎ》と云ふ意味を加へれば、まるで違つた事が云はれるかも知れません。それなら私は口を噤《つぐ》んだ方がいいでせう。一つにはイズムの提唱に無経験な私は、さう云ふ便宜を明《あきらか》にしてゐませんから。
帰化申請の料金とか費用って、どれくらいかかるものなのでしょうか? どなたかご存知の方はいらっしゃいますか? 帰化申請そのものについては、たぶん無料なんだと思うんですけど(違うかな??)、資料とか書類とか集めたり、場合によっては行政書士さんとかのプロに頼んだりして、結構もろもろの費用がかかりそう・・行政書士さんの費用は、だいたい10万円前後といったところで、まあ、そんなものかなって感じですね。重要なことなんで、多少料金がかかっても、帰化申請 費用は、あんまり節約できないですね??
帰化申請の文章を、著作権切れ小説と比較することで見えてくるものがありましたか?



関連記事

入国管理局 横浜

入国管理局 横浜

2013年3月18日(月曜日)

入管管理局

入管管理局

2013年3月10日(日曜日)

新百合ヶ丘の入国管理局へ行ってきたよ

新百合ヶ丘の入国管理局へ行ってきたよ

2012年11月19日(月曜日)

香港 会社設立

香港 会社設立

2012年11月16日(金曜日)

内容証明

内容証明

2012年11月12日(月曜日)