帰化申請 と審査のポイント

レンタルサーバー厨は今すぐネットをやめろ > 仕事 > 帰化申請 と審査のポイント

帰化申請 と審査のポイント

2012年7月10日(火曜日) テーマ:仕事
帰化申請について語ろうと思う。帰化申請の書類のひとつの、事業の継続性の判断に当たっては、就労ビザの判断基準を参考にするとよいらしい。資料の内容によっては、公認会計士や中小企業診断士等の企業評価を行なう能力を有すると認められる公的資格を有する第三者が行なった評価を証する書面(根拠となる理由が書かれたものに限る)の提出をさらに求めるなどして審査する場合もある。帰化申請の審査において、事業が債務超過の場合、一般的には企業としての信用力が低下し、事業の存続が危ぶまれる状況となっていることから、事業の継続性を認めがたいものであるが、債務超過が1年以上継続していない場合に限り、1年以内に具体的な改善の見通しがあることを前提として、事業の継続性が認められるそうです。帰化申請について今度、行政書士さんによく聞いてみます。



関連記事

入国管理局 横浜

入国管理局 横浜

2013年3月18日(月曜日)

入管管理局

入管管理局

2013年3月10日(日曜日)

新百合ヶ丘の入国管理局へ行ってきたよ

新百合ヶ丘の入国管理局へ行ってきたよ

2012年11月19日(月曜日)

香港 会社設立

香港 会社設立

2012年11月16日(金曜日)

内容証明

内容証明

2012年11月12日(月曜日)